プロ料理家366名によるプロのレシピ4809

きちんとレシピ

レシピ詳細

ほうれん草の手打ちラビオリ

  • 印刷用ページ

by 料理家 神崎則子

11月01日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • ワインもビールも!お酒と合う料理
  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • 残り野菜フル活用!レシピ
  • イタリアン
  • パーティ

手作りのパスタ生地にも具にもほうれん草入り

セモリナ粉を使わず、強力粉と薄力粉で作る手軽なパスタ生地。好みの野菜パウダーで生地に着色出来るのは手打ちならでは。

MYクリップする
MYクリップ数(16件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(6件)

調理時間

材料

4人分

強力粉 150g
薄力粉 100g
野菜パウダー(ほうれん草) 小さじ2
溶き卵 2.5〜3個分
オリーブオイル 大さじ1
ほうれん草 1/2束
牛ひき肉 200g
パン粉、溶き卵 各大さじ2
ナツメグ 少々
玉ねぎ(みじん切り) 1個
にんにく(みじん切り) 1片
トマト水煮缶 1缶(400g)
60cc
砂糖 小さじ1
塩、こしょう 各少々
エルブドプロバンス、フレッシュタイム 各適量
モッツアレラチーズ 100g
  1. パスタ生地を作る。ボウルに強力粉、薄力粉、野菜パウダー、塩小さじ1/2を入れてよく混ぜたのち、溶き卵とオリーブオイルを加え、さらに生地がひと塊になるまでこねる。これを4等分し、ラップをして30分以上休ませ、パスタマシーンで約1mm厚さ(目盛No.6)にのばす。

  2. 具を作る。ほうれん草は塩を加えた湯で約1分茹で、水気を切って細かく刻んでボウルに入れ、牛ひき肉、パン粉、溶き卵、ナツメグ、塩、こしょうを加え混ぜる。これを20等分し、水で濡らした手で団子状に丸める。

  3. トマトソースを作る。鍋に適量のオリーブオイルを熱し、弱火で玉ねぎとにんにくをしんなりとするまで炒め、トマト水煮、水、砂糖、塩、こしょう、エルブドプロバンス、フレッシュタイムを加え、さらに弱火で約20分煮る。

  4. 打ち粉を振った台の上に1の生地1枚を置き、2の具の半量を等間隔に置く。具の周りに刷毛で溶き卵(分量外)を薄くぬり、もう1枚の生地をかぶせ、空気が入らないようにしっかり閉じて密着させたのち、カッターで切り離す。これを2回おこない20個のラビオリをつくる。

  5. 4を、塩とオリーブオイル各少々を加えた湯で 弱火で約10分茹で、水気を切って皿に盛り、3のソースをかけ、細かくちぎったモッツアレラチーズとフレッシュタイムをあしらう。

調理のポイント
  • 薄力粉を加えた伸ばし易い配合のパスタ生地。パスタマシーンが無い場合は、生地を麺棒で薄く伸ばしてもよい。
  • ラビオリは生地を2枚重ねにするため、薄く伸ばすのがおいしさのポイント。厚いと重い食感になる。
プロのひと手間
ランクアップアイテム
野菜パウダー お試しセット

国産の安心・安全な野菜パウダー

エルブ・ド・プロバンス

南仏料理の必需品、香り高いハーブミックス

酪恵舎モッツァレラチーズ
口の中でミルクがじゅわっと溢れる、作りたてモッツァレラチーズ
さん プロフィール

フランス料理とフランス地方菓子を長年学んだのち、ル・コルドン・ブルー東京校にてフランス菓子・料理の全過程を修了、グランディプロム取得。現在は神奈川県藤沢市の自宅にてフランス家庭料理教室 『un pet... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5