プロ料理家340名によるプロのレシピ4615

料理上手はモテ上手!ハートをつかむ男子料理

  • 鏡リュウジ Profile
    占星術研究家・翻訳家。とくに占星術、占いにたいしての心理学的アプローチを日本に紹介、幅広い層から圧倒的な支持を受け、従来の『占い』のイメージを一新する。雑誌、テレビ、ラジオなど多数のメデイアで活躍中。 鏡リュウジ公式サイト(http://www.ryuji.tv/
  • 藤田承紀 Profile
    ダンサーとして、舞台、CM、インストラクター、振り付け師として活動する中、趣味であった料理が評判を呼ぶ。2009年イタリアに渡り、二つ星レストラン『IL PELLICANO』で新しいイタリア料理を、ローマの老舗『AL CEPPO』でトラディショナルなイタリア料理を学ぶ。『食卓に笑顔を』をテーマに、一手間加えて、安心でおいしいプロの料理のコツをお伝えします。藤田承紀公式サイト(http://fujitayoshiki.com/

集まりの時に持って行けるこの一品

豚肉のリエット

今回のテーマは「お持たせ」。

これから年末に向け、忘年会が増えてくるかと思います。

なかにはホームパーティを開催される方も多いのでは。


そんな時の「お持たせ」に、ワインやケーキも良いですが、お酒のつまみの一品を

手作りで持っていけたら素敵ですよね!


そこで、今回は簡単に作れる「豚肉のパテ」をご紹介します。

レストランでは、肉をハーブ、コニャック、ポートワイン等と一緒に弱火でコトコト煮込み、機械で粗めにまわし、型に詰めて冷やして作ります。

もしくは、材料をオーブンに入れて湯せんにかけてじっくり火をいれたり、、、、と、時間のかかる料理です。


家では特別なお酒も機械もなかなかないと思いますので、手に入りやすい食材で代用し、ホイッパーで潰して作れるレシピにしました。

機械のようになめらか、とはいきませんが、粗くほぐされたリエットもまた手作り感があって良いものです。

ビンに詰めてフタをして、おいしいバケットとバターナイフと一緒に持参しましょう!

豚肉のリエット
材料(2人分)
豚ばら肉(スライス) 250g
タマネギ 1/4個
レーズン 25g
松の実 25g
バター 25g
白ワイン 50ml
100ml
ローリエ 1枚
小さじ1/2
コショウ 適宜
作り方
  • (1)タマネギは、スライスしてレンジに入れ、500wで5分加熱する。レーズン、松の実は粗みじん切りにする。
  • (2)豚ばら肉をフライパンで、焼けた肉の色が鍋肌につくまで炒める。脂が苦手な人は、ここで出た脂を適宜取り出して調整する。
  • (3)バターとこしょう以外の材料を全て加え、フタをして弱火で20分加熱する。
  • (4)とろりとする程度まで水分を煮詰めたらボールに取り出し、ホイッパーで肉をほぐしながらよく混ぜる。
  • (5)バターを加えて溶かし、お好みで黒こしょうを加え、容器に入れる。 脂がかたまるまで冷蔵庫で冷やす。
ポイント

・タマネギをレンジで加熱しておくことで、調理時間を短縮できる。
・豚バラ肉は塊だと時間がかかるので、スライス肉を使用。
・松の実は、くるみやヘーゼルナッツでも可。

鏡リュウジのハートをつかむエピソード

冬になると赤ワインが美味しくなりますよね。


そのときにこんなおつまみが出てきたら
おおーーと盛り上がることうけあい。


リエットなんて、普通はちょっと高級なお店でないと食べられませんからね。
手間がかかるけれど、その分、気持が込められること間違いありません。
ワインもすすんで、ムードももりあがるはずです。
恋も生まれちゃいそうですね。


占星術では、以前もお話ししたように豚肉は富の象徴です。
クリスマスのころに、大きな恵みをもたらしてくれそうな気もします。
また松の実は健康にもいいとされていますが
同時に魔を払う力も。


カノジョと豊かな暮らしをつくっていくためにもこんな一皿を。

バックナンバー

  • 料理家のレシピ本

  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5