プロ料理家340名によるプロのレシピ4615

料理上手はモテ上手!ハートをつかむ男子料理

  • 鏡リュウジ Profile
    占星術研究家・翻訳家。とくに占星術、占いにたいしての心理学的アプローチを日本に紹介、幅広い層から圧倒的な支持を受け、従来の『占い』のイメージを一新する。雑誌、テレビ、ラジオなど多数のメデイアで活躍中。 鏡リュウジ公式サイト(http://www.ryuji.tv/
  • 藤田承紀 Profile
    ダンサーとして、舞台、CM、インストラクター、振り付け師として活動する中、趣味であった料理が評判を呼ぶ。2009年イタリアに渡り、二つ星レストラン『IL PELLICANO』で新しいイタリア料理を、ローマの老舗『AL CEPPO』でトラディショナルなイタリア料理を学ぶ。『食卓に笑顔を』をテーマに、一手間加えて、安心でおいしいプロの料理のコツをお伝えします。藤田承紀公式サイト(http://fujitayoshiki.com/

これぞ男子料理!のスペシャルカレー

今回のテーマは「カレー」

ついに来ました、男の王道料理!!

自前の秘密のスパイスボックスを開けて、独自の配合のスパイスで作る本格カレー!!

、、、が出来たらもちろんかっこいいのですが、やはり時間も手間も短縮したいという事で、今回はルーを使います!

ただ、普通のカレーだけでは寂しいので、タンドリーチキンを添えましょう!

どちらもシンプルなレシピに仕上げてありますので、

より味に深みをつけたい方は副材料を入れたり、ホールスパイスを使用してくださいね!

また、写真ではご飯ですが、薄型パン「チャパティ」を添えるのもおすすめです。

おまけでレシピも記してあります。

とても簡単に出来ますので、こちらもぜひ試してみてください!

じゃがいもカレー、タンドリーチキン添え


じゃがいもカレー、タンドリーチキン添え
材料(2人分)
じゃがいも 2個
玉ねぎ 1個
バター 大さじ1
にんにく 1かけ
固形コンソメ 1個
カレールー 50g(市販品半分)
500cc
ローリエ 1枚
作り方
  • (1)玉ねぎとにんにくはみじん切りにし、じゃがいもの半分量は1センチ角、もう半分量は大きなサイズにカットして水につけておく。
  • (2)玉ねぎをラップにかけ、レンジで5分加熱したら、バター、にんにくのみじん切りと共に鍋に入れ、中火で20分炒める。焦がさないように時々底から混ぜる。
  • (3)弱火にし、さらに15分炒める。
  • (4)じゃがいも、火で軽くあぶったローリエ、水を入れ、フタをして弱火で20分煮込む。
  • (5)フライパンに小さじ1のバター(分量外)を溶かしルーを香りがたってくるまで炒める。
  • (6)炒めたルーを4に加えて弱火で10分煮込んだら完成
ポイント

*具がじゃがいもだけなので、大きさを変えて食感に変化をつける。
*ローリエは軽く火であぶると香りがたつ。焦がさないよう、火の上でヒラヒラと振って加熱する。
*ルーを加える前にバターで炒める事により、香りが倍増する。

タンドリーチキン

タンドリーチキン
材料(2人分)
鶏もも肉 500g(2枚)
ヨーグルト 100cc
ケチャップ  50cc
にんにく、しょうが 小さじ1/2
塩、カレー粉 小さじ1
作り方
  • (1)鶏もも肉の皮に竹串でプスプス穴をあけておく。
  • (2)ジップロックなどビニール袋に調味料を全て入れ混ぜ合わせ、1の鶏もも肉を入れよくもみ込み、冷蔵庫に入れて30分以上休ませる。
  • (3)フライパンに小さじ1のオイル(分量外)を熱し、2の漬けた鶏もも肉を皮めから焼く。
  • (4)こんがり焼けたら裏返し、フタをして、弱火で10分焼き完成。
ポイント

*味がしみ込みやすいよう、竹串で穴をあけておく。
*漬けだれには、出来れば一晩漬けると、さらにおいしい。
*フライパンでは焼きづらい骨付き肉や、大量に焼く際はオーブン230℃で20分~30分焼くと良い。

チャパティ

チャパティ
材料(2人分)
小麦粉 100g
40cc
ひとつまみ
オイル 少々
作り方
  • (1)材料をすべて混ぜ合わせ、表面がツルリとなるまでよくこねてラップをし、冷蔵庫で30分寝かせる。
  • (2)6つに分けて麺棒で伸ばし、フライパンで両面を焼いて完成。
ポイント

鏡リュウジのハートをつかむエピソード

いよいよ、登場。男の料理の王道といえば、カレーですね。

ただ、どうしてもオトコが作ると手間とコストと時間ばかりが
かかってしまって、実は女子はげんなりしてしまうということもあるんよう。
そんなときにこのシンプルな、でも、ひと手間加えたカレーはちょうどいいかんじですね。

ジャガイモだけのカレーというのも面白いかも。
それにタンドリーチキンってのも、
家ではなかなかやらないからいいですね。
仕込みさえ前の夜にやっておけばささっとできちゃいますね。


さて、カレーはさまざまなスパイスのアマルガム(混合)。
そのなかにはたくさんの魔法のエッセンスが入っています。

そしてカレーの主成分である
トウガラシやペッパー、クミン、ジンジャーなどはみな情熱の火星が支配している植物。
カレーは人を元気にします。
そして行動力をアップさせるのですよね。
一方でポテトは大地の星座の代表的な食物。
人を「地に根付かせる」効果が。
情熱をもって、安定したおつきあいに。このレシピはカップルにはぜひお勧めです。

バックナンバー

  • 料理家のレシピ本

  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5