プロ料理家342名によるプロのレシピ4622

料理上手はモテ上手!ハートをつかむ男子料理

  • 鏡リュウジ Profile
    占星術研究家・翻訳家。とくに占星術、占いにたいしての心理学的アプローチを日本に紹介、幅広い層から圧倒的な支持を受け、従来の『占い』のイメージを一新する。雑誌、テレビ、ラジオなど多数のメデイアで活躍中。 鏡リュウジ公式サイト(http://www.ryuji.tv/
  • 藤田承紀 Profile
    ダンサーとして、舞台、CM、インストラクター、振り付け師として活動する中、趣味であった料理が評判を呼ぶ。2009年イタリアに渡り、二つ星レストラン『IL PELLICANO』で新しいイタリア料理を、ローマの老舗『AL CEPPO』でトラディショナルなイタリア料理を学ぶ。『食卓に笑顔を』をテーマに、一手間加えて、安心でおいしいプロの料理のコツをお伝えします。藤田承紀公式サイト(http://fujitayoshiki.com/

リピ確実。冬にピッタリ大胆煮込み料理

鶏肉とカリフラワーの煮込み

今回のテーマは「煮込み料理」



こんがり焼いた鶏肉とカリフラワーを水で煮るだけ!

味付けは、食べる直前に塩、こしょう、オリーブオイルをかけてください。


煮込み料理というと敬遠しがちですが、これだけシンプルならばお手軽に取り組めるはず。
焼いた鶏の旨味がカリフラワーにたっぷり溶け込み、とても滋味深い味わいになります。

お好みでローリエやローズマリーと一緒に煮込んだり、ナッツ類を砕いて一緒に食べたり、パスタとからめてもおいしいです。


鶏肉300gにカリフラワー300g、水600cc、にんにく1片と材料の分量も覚えやすいので、

1回作って覚えたら何度も繰り返し気軽に作れますね。



ビタミンCが豊富なカリフラワーをたっぷり食べて、寒い冬を元気に乗り切りましょう

鶏肉とカリフラワーの煮込み
材料(2人分)
鶏もも肉 300g
カリフラワー 300g
600cc
にんにくスライス 1片分
オリーブオイル 適量
塩、こしょう 適量
作り方
  • (1)鍋にオイルをいれ熱し、鶏もも肉を皮目からこんがり焼く。
  • (2)親指大に切り分けたカリフラワーとにんにくスライスを入れ、
  • (3)水を入れて火にかけ、
  • (4)沸いたら弱火にして、時々カリフラワーを潰しながら、崩れるまで煮込み、とろりとするまで水分を煮詰めて完成。 (煮込み時間の目安は約40分)
ポイント

・煮込み途中、カリフラワーが崩れていないのに水がなくなりそうであれば、足す。水分が多ければ煮詰めれば良い。
・鶏肉をしっかり焼く事により、香ばしい旨味がたっぷり出る。
・焦げ付かせないよう、時々木ベラ出で底からかき混ぜる。
・カリフラワーの硬い茎の部分は、皮をむいて薄切りにして、一緒に煮込む。

鏡リュウジのハートをつかむエピソード

いよいよ新しい年ですね。


昨年は本当に悲しいことがたくさんありましたしまだまだ問題は続いています。
こんなときだからこそ人と人が一緒に食卓を囲めることの幸せと、
その幸せがもつ力を大切にしたいですよね。

寒い冬にありがたいのが、煮込み料理。
チキンは東洋医学でも体を温める効果があるといわれているそうですが
西洋の伝統では愛のシンボルです。


バレンタインには鳥をたべるという風習があったそう。
(日本ではなぜかチキンがクリスマス料理になってますが)
そこで鶏は愛を深める効果があるとされています。


一方でカリフラワーは占星術では月が支配しています。
この月はハートの優しさを象徴しているもの。


このレシピ、全体に優しさがあふれているように感じます。
ちょっと疲れた2人に、心と体を優しくいたわるこのメニューで
ほっこりしてみてはどう。


もちろん、男子のキミはここでガツンと辛いゆずコショウなんかを
いれて締めてもいいけどね。

バックナンバー

  • 料理家のレシピ本

  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5