プロ料理家337名によるプロのレシピ4605

料理上手はモテ上手!ハートをつかむ男子料理

  • 鏡リュウジ Profile
    占星術研究家・翻訳家。とくに占星術、占いにたいしての心理学的アプローチを日本に紹介、幅広い層から圧倒的な支持を受け、従来の『占い』のイメージを一新する。雑誌、テレビ、ラジオなど多数のメデイアで活躍中。 鏡リュウジ公式サイト(http://www.ryuji.tv/
  • 藤田承紀 Profile
    ダンサーとして、舞台、CM、インストラクター、振り付け師として活動する中、趣味であった料理が評判を呼ぶ。2009年イタリアに渡り、二つ星レストラン『IL PELLICANO』で新しいイタリア料理を、ローマの老舗『AL CEPPO』でトラディショナルなイタリア料理を学ぶ。『食卓に笑顔を』をテーマに、一手間加えて、安心でおいしいプロの料理のコツをお伝えします。藤田承紀公式サイト(http://fujitayoshiki.com/

オリジナル鍋で鍋奉行勝負!

アクアパッツァ鍋

今回のテーマは「鍋料理」

 

冬のご褒美、金目鯛を使った贅沢な鍋です。

 

 

魚介類を白ワインとトマトで煮込み、ケッパーとオリーブで彩る、日本でも有名なイタリア料理「アクアパッツァ」

 

魚1尾を丸ごと使用して豪快に出されることが多いのですが、これを少しシンプルにして鍋料理に仕上げました。

 

玉ねぎを丸ごと使い、甘味をじっくり出して、栄養たっぷり、見た目も豪華!

 

お好みでレモンや醤油をかけてもおいしいです!

 

金目鯛の頭からもおいしい出汁が出るので、切り身ではなく、ぜひ丸ごと!

アクアパッツァ鍋
材料(2人分)
●鍋材料(2名分)
金目鯛   1尾
あさり 200g
トマト(湯むきしておく) 小2個
玉ねぎ 小2個
小松菜 1束
白ワイン 1カップ
2カップ
ブイヨンの素 1個(約小さじ1)
パルメザンチーズ 適量
●リゾット用の材料
鍋の出汁 300cc
ごはん 200g
パルメザンチーズ 20g
バター 5g
卵黄 1個
塩・コショウ 適量
作り方
  • (1)玉ねぎ、水、ブイヨンの素、白ワインを鍋に入れ火にかけ、煮立ったら弱火にして柔らかくなるまで20分程煮る。水が少なくなったら、足す。
  • (2)魚、あさり、湯むきしたトマト、小松菜を入れフタをする。あさりが開き、魚に火が通ったら完成。
  • (3)小皿に取り、パルメザンチーズ、塩コショウをふりかけて食べる。
  • (4)〆にリゾットを作る場合は、鍋の中身をザルでこし、出汁だけを鍋に戻す。水分が少ない場合はお湯を足し火にかける。ご飯を入れ、好みのとろみ具合に煮詰めたら、すりおろしたチーズ、バターを加えよく混ぜる。塩、こしょうで調味し、お好みであまった具と卵黄をのせて完成。
ポイント

・玉ねぎを柔らかくなるまでじっくり煮る。
・金目鯛、トマト、玉ねぎを丸ごと使う。
・白ワインを日本酒、ブイヨンの素をかつお出汁、パルメザンチーズをポン酢や醤油に変えたら、和風の仕上がりになる。

鏡リュウジのハートをつかむエピソード

鍋の美味しい季節になりました。

それに何かとゴージャスな気持ですごしたいとき。
簡単で見た目、華やか。
今回のレシピはまさにそんなリクエストにぴったりですね。

特別な季節をカノジョと2人、というのにこれはぴったり。
鍋は気持も体も温めてくれます。

それに女子は男子に鍋をつくってもらうというシチュエーションが大好き。
実際、手間暇かけるような料理を出されちゃうと、よほどの料理女子でもないかぎり
自分の立つ瀬がないと感じてしまうこともあるので。
鍋なら「ちょっとまて、まだ早い」とかオトコとしてもカノジョをリードできるしね。


さて、魔法の視点からは魚は豊饒の象徴。
そこでこれからも2人の関係がずっと優雅になってゆくことを願うのにぴったりなんです。

アサリは女性らしさをアップさせる食材。
彼女にもっときれいになってほしいという気持もこれで叶いますね。

バックナンバー

  • 料理家のレシピ本

栄養検定

  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5