プロ料理家364名によるプロのレシピ4760

寒くなりましたね・・ポトフを作りましょう

ポトフとはフランスの代表的な家庭料理です。Pot(ポ)は鍋、feu(フー)は火、つまり「火にかかった鍋」という調理時の状態がそのまま料理名になっています。
大きく切った肉や野菜を煮込んだ、フランスの素朴な家庭料理のことをいいます。
本来は牛肉の塊と丸ごと野菜を長時間かけスープで柔らかく煮込む料理です。鶏や豚で作っても美味しいですよ!

今回はソーセージを使ってのポトフになります。

材料

きゃべつ     半分
じゃがいも    3個
人参        1本
玉ねぎ       1個 
ソーセージ    4本
水         4カップ
スープの素
塩 こしょう
マスタード

作り方

① キャベツは4等分に切り、じゃがいもは皮をむく。
   玉ねぎは芯をつけたまま、くし形に6等分する。人参は4等分に切る。

potohu.JPG

② 鍋に水・コンソメ、野菜を入れ、煮立ってから20分煮る。
③ ソーセージを加えて5分煮る。 塩こしょうで味を整える
④ 器に盛り、粒入りマスタードを添え、お好みで黒こしょうをふる。

potofu2.JPG


玲子先生の「ちょっと言わせて!」

野菜は大きいかな?と思うほどで大丈夫!
味付けは和風だしでも美味しいです。

肉は塊を使わずにソーセージやベーコンを使うと簡単にできますよ。

マスタードはお好きな物を!今回は粒入りマスタードを使いました。

プロフィール

料理家・山田玲子
料理教室「salon de R」主宰。マダムなおうちごはんを、無理なく楽しく大胆に調理! お料理とともにおもてなしのコーディネートから、笑いの心意気まで伝授いたします。
\
  • 料理家のレシピ本

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • Flipboard
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5