プロ料理家367名によるプロのレシピ4791

きちんとレシピ

レシピ詳細

海老とホタテの米粉クリームシチュー

  • 印刷用ページ

by 料理家 丹下 慶子

12月13日

  • 21時からの胃にやさしいメニュー
  • フレンチ
  • 家庭料理
  • パーティ

さらっと軽いのにコクのあるクリームシチューです。

米粉で作るホワイトソースがベースのクリームシチュー。味付けは魚介の旨みと塩胡椒、ハーブだけ。シンプルに素材の旨みをいただきます。

MYクリップする
MYクリップ数(4件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

4人分

海老 8尾
ホタテ貝柱(できればさしみ用) 8個
玉ねぎ 1/2個
2個
白ワイン 50cc
200cc
無塩バター 30g
米粉 30g
牛乳 500cc
小さじ1/3
白胡椒 少々
ハーブミックス(エルブドブロヴァンスなど) ひとつまみ
オリーブオイル 適量
パルミジャーノレッジャーノのすりおろし 適量
  1. えびは殻をむいて背わたを取る。玉ねぎは薄切り、セロリは斜め薄切りにする。蕪は皮をむいてくし切りにする。

  2. 米粉ホワイトソースを作る。鍋にバターを入れて溶かし、完全にバターが溶けたら米粉を加える。ふつふつとしたら、牛乳を少しずつ加えてよく混ぜる。牛乳が全量入ったら、塩胡椒、ハーブを加えて3分~4分煮る。

  3. 別の鍋に、えびとホタテ、白ワインを加えて火にかける。アルコールが飛んで、えびの色が変わったら、ざるにあけ、具と蒸し汁をわけておく。

  4. ③の鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、セロリを加えていためる。しんなりしたら③の蒸し汁、水、蕪を加えて、蕪が柔らかくなるまで煮る。②のホワイトソースを加え、混ぜる。

  5. ④に、③のえびとほたてを戻し、ひと煮立ちさせ、塩胡椒で味を整える。パルミジャーノレッジャーノをすりおろす。

調理のポイント
  • ②の工程で、米粉とホワイトソースを合わせたら、表面がふつふつとするまで米粉にしっかり火を入れること。
  • ③の工程で海老とホタテを蒸すとき、火をいれすぎないこと。火を入れすぎると身が固くなってしまいます。
プロのひと手間
  • 塊のチーズをすりおろすことで、コクがでます。チーズは、パルミジャーノレッジャーノ以外にコンテやグリュイエールなどでもOKです。
さん プロフィール

ラジオ局勤務後、飲食店の新規店舗開発、大手料理教室の運営業務を経て、現在パンと野菜&チーズ料理の教室「さくらキッチン」を都内で主宰する。 また、NPO法人チーズプロフェッショナル協会認定チーズ検定講師... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5