« これからの農業にもっと情報をプラス☆メイン新春!あけましておめでとうございます! »

夢想農園の宝物

堀田 隆一です

IMG_9581%EF%BC%A0.jpg

『当農園の宝物』は一緒に仕事をしてくださるこの皆さんです。
『もの』だなんて失礼ですね、でも、なによりの財産だと思っています。
大きなトラクターよりも、畑よりも大切な財産。
今年で就農して5年の僕なんかよりずっと長くうちで働いてくださってる方が
半数以上、ベテランさんです。パートタイムで来てくださってる皆さんですが、
パートさんではありません、当農園の職人さんです。
どの作業もすべてプロそのもの。すごいんです!尊敬してます!

先日、当農園の主力作物『白かぶ』の収穫を終え、その慰労会を地元の居酒屋とりしんで
行いました。
6月の中旬から、10月の中旬までの4ヶ月間、土日を抜かしてほぼ毎日の作業、朝5時半縲怩U時半までの1時間、白かぶを畑から抜く作業。
女の人はひたすら腰を曲げかぶを抜き、サンテナ(プラスチックの収穫かご)に詰め、
男の人はそれをひたすらパレットにつむ。
その一時間弱でおよそ8t分のかぶを収穫します。
そのすべてが手作業、常時10人体制て行います。
これがけっこう大変で作業が終わる頃みんな汗だくになります。

そんな仕事でも、作業が終わるとみんな達成感あふれた表情で『おつかれさま!』
って言い合い、時々冗談を交わしたり、とても和やか。
時々、大事そうにその収穫したかぶを少し自分の車に入れ持ち帰ったりもしてくれます。
なんだか、それもうれしい。

朝の白かぶ、収穫作業。
家族だけでは到底まかないきれないこの仕事です。

本当に、皆さんには感謝してます。
なんだかいまさら面等向かって言うのは恥ずかしい。。

から、この場をかりて

みなさん、本当におつかれさまでした!
いつも、いつも感謝してます!

これからも、どうぞ末永く、よろしくお願いします!

僕が経営主になった時、そうちゃんとみんなの前で言おう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://www.food-sommelier.jp/staff/mt-tb.cgi/6642

コメント (2)

ゆうだい:

隆一のうしろってオヤジさん??
すっげー似てる(笑)

堀田 隆一:

そうですけど、なにか?(笑)

TAKA:

本当~、お父さんそっくり!
ちなみにテーブル挟んで右は弟さん?


みなさんとってもキラキラしていて素敵ですね~。
そしてとってもお若い!!

人は何よりの財産ですね~。

堀田 隆一:

TAKAさん☆
そうです、弟です。
我が家が新規で始めた黒毛和牛の責任者で、
育成設備も自ら建築、今年で5棟の牛舎が建ちました。
自分の弟ながら尊敬してしまいます。。

本当『人』はかけがえの無い財産ですね。
毎日皆さんに励まされて仕事をしています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プロフィール

CROPS

「十勝アグリカルチャー・コミュニティーサロン・創造プロジェクト」通称CROPS(クラップス)。メンバー10名のうち5名が生産者、平均年齢25歳。 2007年2月発足。同年夏に帯広ホコテンに参加。農作物の販売と飲食提案・販売。多くの人と出会い、学びながら、十勝の農業と食を最大限に活かした、地域の向上と活性化を目指す。

CROPS 堀田隆一

1983年、北海道士幌町生れ。帯広農業高校、札幌農業専門学校を卒業後、イタリア料理店に勤め調理師の資格を取得。2006年に農業後継者として士幌へ。実家の42haの耕作地で、蕪・長いも・水菜・馬鈴薯・甜菜・小麦・スイートコーンを生産。その他、西洋野菜・京野菜・ハーブを約30品目ほど生産、販売経路を模索中。

CROPS 佐藤朋康

1981年、幕別町生まれ。帯広農業高校、士幌町の農業特別専攻科卒業後後継者になる。作付け面積は64ha、馬鈴薯・小麦・人参・スイートコーン・蕎麦・長芋・南瓜を作付け。十勝からお届けする農家の日々をお伝えします。

CROPS 山田洋輔

1983年、士幌町生まれ。地元工業高校卒業後カーディーラーに整備士として就職後に実家へ。農業就農者となる。キャベツ・小麦・馬鈴薯・甜菜・長芋・小豆・大正金時・イチゴの苗を栽培。その他、紫キャベツとパプリカの栽培を試験的に挑戦中!

最近のコメント

MovableType