« TPP締結を目前に、産地に住む私たちができること | メイン | 初めての芝浦と場見学 »

井口真理ちゃんから届いたフルーツの絶対感

私がネットショップを選ぶポイントは「そのお店の目利き力」。

実は私、大変恐縮ですが、
生産者さんからは、よほどでない限り、直接商品を購入しません。

その理由は...
生産者さんは残念ながら他社との食べ比べをしていないケースが多いから
私は日々、地方で生産者さんの近くにおり、その事実によく直面します。

もちろんもちろん、全ての人がそうとは限りませんが...。

例えば、北海道の名産品であるジャガイモ。

ジャガイモの食べ比べ大会をやろう!ともちかけて、「OK」と言ってくれる農家はほんの数人です。
十勝のように最先端の農業地帯でも、「面白い!やろうやろう」なんていう農家さんはほぼ0(ゼロ)で、多くの方が「ウチのは美味しいよ」と言いながら、何を以て美味しいのか、あいまいなのです。

ですから、私はちゃんとした「目利きの方」がいるお店を最も信頼しております。
もちろん、これは何も食べ物に限ったことではありません。

口コミも大切なのかもしれませんが、「店主のセレクト視点」にこそ、お金を払う価値があると信じています。

さて、そんな風に信頼するお店の1つが「南国土佐.com」さん。
こちらの店主の井口真理さんの目利き力がすごいのです。
どれをいただいても、本当に美味ですし、
食べごろや食べ方の提案も、「えっ?」と驚くようなものがあります。


IMG_1888.JPG


北海道に住んでいると、良質なフルーツとの出会いが少ないんですよね。
例えば文旦は、もう10年近くもこちらのお店から、お取り寄せさせていただいております。

スーパーに並ぶそれとは、
見た目はもちろん「味の格が違う」というのが正直な感想で、

「文旦なんて美味しくない」
「文旦は苦手」

...と語る何人もの友人に贈り、
誰もが届いた後に「あの文旦本当に美味しかった、ビックリした」と言ってくれるそんな品です。

さて、そんな彼女にわがままを言って、
「おまかせ」でその時のフルーツをセレクトして送っていただきました。

事前に
・少人数なので、量は多くいらない、できれば種類は豊富に
・○○は苦手なので入れないで
・金額は○○○○円で などを指定。

4月3日に届いた品には、
文旦、小夏、デコポン、せとか、黄金夏、フルーツトマト、
...そして真理さんおすすめの徳谷トマトなどがぎっしりと入っていました!


IMG_1891.JPG

どれもこれも口福を運んでくれる味でしたが、
中でも真理さんがものすごく押してくれた「徳谷トマト」。これは想像を絶する味で、久々に「負けた...」と思う品物でした。

まず見た目。綺麗にスターが出ていて、皮も厚い。外見だけでも美味しいだろうということはわかるのですが、実際に食べてみると味がものすごく「濃厚」なんですよぉ。しかもトマト特有の青臭みもちゃんとあって甘味の深さと酸味のバランスもよく...。

一緒に食べた弊社のスタッフが思わず

「たかさん、このトマト、産地はどこですか?」と聞くほどです。
(うちのスタッフはいつも美味しいものを食べているのでよほどでないと聞かないです)

真理さん幸せよ~!
本当にありがとう


これからも、また時々わがまま言うから、どうか私に幸せを届けてね。
■南国土佐.com
http://www.nangokutosa.com/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.food-sommelier.jp/staff/mt-tb.cgi/8401

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

フードソムリエTOPへ

東京スタッフBLOGへ

プロフィール


北村 貴(taka)
フードソムリエ代表


20年間の東京生活を経て、
2004年12月、真冬に
故郷・北海道十勝へ戻る。
よく食べ、よく遊び、よくしゃべる。
特技は四葉のクローバー探し

food-sommelier.gif

About

2014年4月 3日 14:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TPP締結を目前に、産地に住む私たちができること」です。

次の投稿は「初めての芝浦と場見学」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページも見てください。

MovableType