« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月 アーカイブ

2009年3月 3日

ひな祭りの思い出

今日も東京は寒いです!
3月とは思えない冷たい空気。

最高気温4度。
予報では、午後から雪が降るそう……。(まだオフィス周辺は降ってませーん)

IMGP2287.jpg


今日は3月3日。
桃の節句。お雛祭りですね~
(写真は梅の花ですが・・・)

私にとっては、ひな祭りの思い出というと実家にあるひな人形と母親手作りのちらし寿司!


先日、実家にある七段飾りのひな人形が気になって母親に電話したのですが
飾る場所もないし、忙しいし飾っていないとの返事。

代わりに姪っ子のひな人形が設置されているそうです。


小さい頃はお雛様が大好きで、
寒い座敷に見に行って、ずっと眺めていたり
一人一人のお人形に話しかけたりしてました^^;

京生まれのきれいな顔をした品があるお雛様は、
いつまで眺めていても飽きませんでした。

そして、当時はそんなに好きではなかったのですが
ひな祭りの日の夕食には、ちらし寿司を薄焼き卵で包んだ茶巾寿司を食べたことを思い出します。


実家を離れてずいぶん経つのですが、ときどき無性に母親の手作りちらし寿司が食べたくなります。

お赤飯とかいなり寿司とかちらし寿司って、ひとり暮らしで作るのもなー、、と思うし
買って食べるのも味気ないし。。。(でも食べたい)

みなさんの今晩の夕食は、ひな祭りメニューなのでしょうか…?

蛤のお椀にちらし寿司うらやましいですー

2009年3月11日

お風呂の楽しみ

まだ寒い日が続きますねー

冬は、朝・晩と1日2回湯船につかります。
体の中からじわーっと温まる感じが好きです♪


お風呂の中ではいつもゆっくり本や雑誌読んだりしていたのですが、最近ハマっていることが2つあります。

そのひとつが顔のマッサージ。

いまさらー?かもですが、最近テレビや山手線のトレインチャンネルでやっているのを見て
見よう見まねで、お風呂でマッサージしてみると、、、

何とお風呂から出て鏡を見ると顔が変わってるんですよ・・!!
心なしかくすみが取れて、頬のあたりが上がってフェイスラインもすっきり小顔に・・?!

(たぶん本人にしかわからない程度だと思いますが・・笑)


調子に乗って、朝・晩ともにマッサージ。
ちなみに朝マッサージすると、化粧のノリも違ってくるのでおすすめです♪


あともうひとつは、遠赤外線シャワーヘッド

このシャワーヘッドに付け替えて、あえてシャワーを通してお湯をためると、肌にあたるお湯がなんとも柔らかい。そして通常の水道水で沸かしたお湯よりも早く体が温まり、持続時間も長いんですよねー。

お風呂からあがっても、かなり長い時間、体ポカポカ状態が続くのです。温泉効果?

そして髪の毛もふわふわに洗いあがる。。

このふたつが楽しくて、暖かくなってもしばらくは1日2回の入浴は欠かせないかも・・?

2009年3月12日

オスマントルコ宮廷料理@ブルガズ アダ

麻布十番にあるオスマントルコ宮廷料理レストラン「ブルガズ アダ」に行ってきました!

オスマントルコ宮廷料理っていったいどんなの??と興味津津で伺ったのですが
どのお料理も手がこんでいて、やさしい味わいで、とてもおいしく大満足♪

ということで、こちらのブログでもご紹介しますねー


アラカルトもあったのですが、今回はコースにしました。

前菜の盛り合わせ
IMGP2334.jpg

・アーティチョークの鶏がらスープ煮
・子羊レバーのハーブソテー
・春野菜のタルト
・タコの赤ワインソテー ニンニクと玉ねぎの香り
・ムール貝とお米の炊き合わせ 春キャベツ包み
・トマトとイタリアンパセリのソースで和えたクスル(クスクスより小さい麦粒)
・バジルの香りの自家製濃厚ヨーグルトペースト トマトのカップに乗せて
・自家製パン ランプフィッシュのトッピング


これがひとつひとつ作り方まで説明聞いていたりすると、どれもこれも本当に手がかかっていて、そして素材の味を感じるおいしさ。

特に感動だったのは、手前のひし形の春野菜のタルト。
それぞれ異なる野菜が別々に蒸され、そして幾重にも重ねられています。
いろんな野菜の味が口の中で重なり、絶妙な味わい!

魚介のエッセンス サフランの香り
IMGP2337.jpg

スープドポワソンみたいなものかと思っていたら、「スープドポワソンよりおいしいですよ!」とマダムのお言葉。

確かにもう少し濃厚で、クリーミーで、かつコクがあり、酸味もある。。。
レモンと酢とエビの出汁がそのポイントだそうですー

キョイペイニルとフレッシュトマト ざくろ酢とトルコのハーブ(タルフン・レイハン・スマック)のソースとともに
IMGP2342.jpg

見た目にも華やかな一品。黒いお皿にパッとお花が咲いたよう!です~

チーズは、モッツァレッラよりももう少しコクがあるタイプ。同じ水牛のチーズだそう。
周りにかかっているハーブソースがおいしくって、こちらをパンにつけながら食べるとまた美味♪

マリネした乳呑み子羊のフィレ肉 ほうれん草のソテーを詰めたグリル エーゲ海のハーブ「ケキッキ」の香りとともに

お肉の中をカットすると、ホウレン草と玉ねぎのソテーが…
IMGP2350.jpg

ハーブやスパイスが適度にきいていて、羊の香りと味わいがうまく引き出されています。
ソースは野菜のソース。オレンジ色のソースをつけていただくと、またお肉がやわらかな味に変わります。


デザートの盛り合わせ
IMGP2352.jpg

・ムハレビ(お米とミルクとサーレップのデザート)
・ロココ(ハレムのアイスケーキ ジャムに仕立てたグリーンオリーブのアクセント)
・ザクロシロップのフルーツカクテル

ムハレビはポルトガル料理のライスプティングに似てるかも、とかロココはイタリアのセミフレッドみたい、、、とかなんとなく食べたことがあるデザートと相似点は見つかるのですが、それはやはり伝統あるオスマントルコ宮廷料理。

変わった食材が使われていたり、仕込みが違ったり…と
お料理の説明聞いているだけでも楽しいです~

食後はイスタンブール出身のオーナーシェフとお話したのですが

お世辞抜きに「日本人の口に合いますよね~!」とお話したら「日本料理とオスマントルコの宮廷料理には共通点がたくさんあるんですよ。どちらも素材を重視して、その味を引き出す調理法です」との答えに納得!

「まだまだ勉強することがいっぱいです!昨日より今日、今日より明日、といつも進化している料理を目指したい」と流ちょうな日本語でおっしゃっていたのが印象的でした!


IMGP2335.jpg

<レストランデータ>
オスマントルコ宮廷料理 BURGAZ ADA(ブルガズアダ)
open 18:00~26:00 (不定休)

東京都 港区 麻布十番3-7-4 麻布六堂3F
Tel :03-3769-0606
http://www.burgazada.jp/


ちなみに、仕込みに半日かかるので、ランチはできないそうですー

2009年3月16日

週末のホームパーティ

週末はパーティのはしごでした。


土曜日の夜は、後輩のKちゃんご夫婦の新居にお邪魔。

事前に「ちらし寿司にしようか、洋食系にしようか迷ってるんです」という言葉に、迷わず「ちらし寿司がいい!!」と答えた私。

ちらし寿司食べたかったんだよー!!ありがと~☆」


ということで、当日はリクエスト通り、お手製ちらし寿司を囲み、つくねや大根とほたてのサラダ、野沢菜ともやしの炒め物、新玉ねぎのオーブン焼きなどなど、手作り料理に舌鼓♪

IMGP2377.jpg


人が作ってくれるごはんって本当においしいですよねー

あと、家庭料理は作り方を気軽に聞いて家で試したり
自分ではやらない方法にインスピレーション受けたり、と参考になります。
お料理上手のKちゃんに教わって我が家の定番になってるレシピもあるほど・・!

器やテーブルセッティングの仕方、お料理の出し方もなるほどなー、と。


そして、お昼のパーティのためには、おみやげにパテ2種類作りました。

フムスレバーパテ

IMGP2381.jpg
↑瓶に詰め切れなかった分を、翌朝の朝ごはんにベーグルにつけて…


どちらも初チャレンジだったのですが、我ながら上手にできました!

特にレバーパテが好評で、
「家で作れるんですねー!どうやって作るんですか?」「おいしくて、やめられない。。」との言葉にうれしくなって、「簡単に作れるよー。ここでレシピ見て」としっかりフードソムリエサイトを宣伝しておきました^^


きちんとレシピ内のテーマ別レシピもてなし上手のホームパーティも要チェックです☆

2009年3月23日

渋谷で前田さん発見!

週末、渋谷の東急東横店フードショーで見た顔を発見!

北海道の前田農産の前田さん?!!

200903201736000.jpg

国分寺にある「ラ・ブランジュリ・キィニョン」というパン屋さんが期間限定で出店していたのですが、こちらの食パンが、前田さんの「春よ恋」で作られているとのこと!

こんな風にポップで作った人の紹介されていると、買うときに生産者の顔が見えて、より一層できあがりのパンにも親しみがわきますね^^


フードソムリエの料理家・福井在住の佐々木さん前田さんの小麦限定のパンを販売されていたりします。


小麦の世界にも「顔が見える生産者」さんが増え、顔が見える加工物(パンとかうどんとか…)が増えるといいなーと思ってます!


ちなみに、渋谷フードショーの催事は25日までですよ~

2009年3月24日

「男の料理塾」の山田玲子さん来社~男の弁当談義~

先週、フードソムリエサイトで「男の料理塾」コラムを執筆いただいている料理家・山田玲子さんがオフィスにお越しになりました。


3月末でいったん終了予定だった「男の料理塾」ですが、好評のため4月以降も続けていただくことに・・!


男性が料理をする最近のトレンドをいろいろ話している中で、最近は独身の社会人男性の中でも手作り弁当を持ってきている人が多い!という話を伺ったりしてびっくり。

実際にデパートや東急ハンズなどでも男性用のお弁当箱が爆発的に売れているんだとか…。(もちろん奥さんの手作り愛妻弁当も多いんでしょうが。。)

男性のお弁当づくりはお金と時間の節約、あとは健康のためらしいです。


ちなみに私もお弁当持参派なのですが…、
きれいにお弁当箱に詰めるのではなく、
適当に前日の夜ごはんのおかずや、冷凍ストックしてあるごはんやパンと自家製お惣菜などをジップロックのまま持ってきて、オフィスのレンジでチン。

食器やお箸などはそろっているので、おうちでご飯食べているようにランチをいただく感じです。そのため、曲げわっぱのお弁当箱買ったのに未だ活躍の場がなく…(涙)

彩りよくきれいにお弁当箱に詰められた「THEお弁当」にも憧れますが、ほぼ毎日のことだしあれこれ悩んで続けられないと意味がないので、私は無理のないお弁当ライフでいいかな、と。^^;


それにしても男性のお弁当ってどんなのか本当に興味津津!!
見てみたいですー。


山田先生曰く「たぶん、肉と玉ねぎ炒めて、ご飯と一緒に持ってくる。とかそんな感じじゃないかしら?」


とのこと。


どなたか知っている方、もしくはこんなお弁当持っていってるよーという方はぜひご一報ください♪

%E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%203%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC0324.jpg

↑こちらは、山田先生手作りの抹茶パン。ごちそうさまでした・・!

2009年3月30日

待ち遠しいですね~♪

この時期待ち遠しいのは、もちろん桜。


開花宣言から出されてから、寒い日が続き、、、

一向にお花見日和になりません。。。


待ち遠しいあまり、「Sakura」という名前にひかれてこんなケーキを食べてみたり

IMGP2413.jpg


桜の塩漬けが入ったパンを選んだり、

桜をモチーフにしたカクテルを飲んだり…


と花より団子の日々です。

今週は見ごろかなー


早く満開の桜をうっとり眺めて、
「団子より花」にシフトしたいものです。

#咲いたらやっぱり「花と団子」になるのかもしれませんが…(^^;

フードソムリエTOPへ

北海道スタッフBLOGへ

プロフィール


大久保 郁織(かおり)
「フードソムリエ」スタッフ@東京

東京在住。おうちごはん、外ごはんを問わず、食べることと居心地のいい空間が好き♪
お休みの日は、近所のスーパーをはしごするのが楽しみです。
Twitter ID:@kaori_okubo

banner120_90c.gif

About 2009年3月

2009年3月にブログ「スタッフBLOG from Tokyo」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページも見てください。

MovableType