プロ料理家337名によるプロのレシピ4605

きちんとレシピ

レシピ詳細

パリジェンヌのスープ

  • 印刷用ページ

by 料理家 西祐子

03月25日

  • 21時からの胃にやさしいメニュー
  • もてなし上手のホームパーティ
  • カラダの中からキレイになる美人食
  • 手間ひまじっくり、ほめらレシピ
  • ルクルーゼ/STAUBで、このレシピ
  • フードプロセッサー/ミキサー/ジューサーで、このレシピ
  • フレンチ
  • 家庭料理

まるでパリのビストロで頂くようなスープ

野菜の旨みぎゅっと引き出した、食べるスープ。美味しいバケットと是非どうぞ♡

MYクリップする
MYクリップ数(12件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(7件)

調理時間

材料

4

ズッキーニ 2本
玉ねぎ 1個
トマト(大) 1個
ジャガイモ(小) 1個
にんにく 2片
バジル 1パック
パルメザンチーズ 適量
塩、胡椒
バター 大1
  1. ズッキーニはピーラーで皮をむき、適当な大きさに切る。

  2. 玉ねぎはスライス、にんにくはみじん切り、ジャガイモは適当な大きさに切り、しばらく水にさらしておく。

  3. トマトも適当な大きなに切り、バジルは葉を摘んでおく。

  4. 鍋にバターを溶かし玉ねぎをじっくり炒め、ズッキーニを加え軽く塩をし、蓋をして弱火で野菜の水分、旨みを出す。

  5. にんにくとジャガイモを加え、再度焦がさないように蓋をして弱火で旨みを出す。

  6. 水をひたひたになるくらい加え、沸騰させる。弱火にして、10~15分程火にかける。

  7. 火を止めて、トマトとバジルを加えしばらく置く。

  8. ミキサーにかけ、再度温め、塩胡椒で調味する。

  9. パルメザンチーズをたっぷりかけて頂く。

調理のポイント
  • 蓋をして弱火でじっくり野菜の旨みと水分を出すこと!
  • トマトとバジルは加熱せずに、余熱で火を入れます。
プロのひと手間
  • 最初に加える、野菜の水分を引き出すための塩は岩塩がおススメです。
  • 水の分量は材料のひたひたに。ブイヨンではなく、水で十分美味しく仕上がります。
さん プロフィール

MANGER LE MONDE 主宰 2003年 (社)日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート取得 2007年 Le Cordon Blue Japon料理ディプロム取得 その後、渡仏。Ritz ... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5