プロ料理家357名によるプロのレシピ4660

きちんとレシピ

レシピ詳細

下仁田ねぎのとろとろグラタン

  • 印刷用ページ

by 料理家 持田 成子

01月10日

  • 家庭料理

下仁田ねぎの甘みととろみを生かしたとろとろソースで

下仁田ねぎのとろとろ感を生かすため、ホワイトソースも同じくらいの濃度で!

MYクリップする
MYクリップ数(0件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(3件)

調理時間

材料

4人分

下仁田ねぎ 2本
オリ-ブオイル 大4
少々
ホワイトソース用 小麦粉 大4
ホワイトソース用 バター 大2
ホワイトソース用 牛乳 2C
とろけるチーズ 60g
  1. 下仁田ねぎを4~5cm長さに切り、オリーブオイルを熱したフライパンにいれ、弱火でじっくり転がしながら(色づけないように)ソテーする。

  2. 厚手の鍋に、小麦粉とバターをいれ、焦がさないように炒め、一旦火からおろして、室温の牛乳をすこしづつ加えて、だまにならないように混ぜ、弱火にかけとろとろになるまで火を通す。

  3. グラタン皿に、②のソースを少量しき、①の下仁田ねぎを並べ、上に②のソースをかけてチーズをのせ、あらかじめ210度に予熱しておいたオーブンで10~12分焼く。(オーブン温度と時間は機器に応じて微調整)

調理のポイント
プロのひと手間
  • 下仁田ねぎの舌触りや甘みを引き出すため、弱火でじっくり火を通す。
  • 下仁田ねぎのとろとろ感とホワイトソースのとろとろ感がほぼ同じ濃度になるようソースを調整する。
  • 下仁田ねぎでなくても旬のねぎでじっくり火を通して作っても美味しいです。
さん プロフィール

できるだけ手作りでと願う母のもとで、「ほーらこの粉がケーキになったでしょ・・・」と言える魔法使いになりたいと思って育ちました。 女子栄養大学卒業後、辻クッキングスクールを経て帰郷の後、母校や各種料理・... つづき

このレシピを見ている人は、こちらもチェックしています。

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5