プロ料理家360名によるプロのレシピ4700

きちんとレシピ

レシピ詳細

ひまわり ~夏のフルーツのプディング・ディプロマット

  • 印刷用ページ

by 料理家 青山 翠

07月16日

  • もてなし上手のホームパーティ
  • 旬を感じよう。味わおう!(夏)
  • ふんわりしあわせ、スイーツ時間
  • お菓子

プリン生地にキャラメリゼした果物とビスキュイを焼きこんだ優しい味わいの季節のデザート

黄桃、桃、プラム、ネクタリン、林檎などお好みのフルーツでお試しください。

MYクリップする
MYクリップ数(8件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(2件)

調理時間

材料

直径18~20cnの丸型1台

季節の果物 / 生の桃、杏、ネクタリン、プラム、りんごなど 適量
ビスキュイ・キュイエール(市販のもの) 適量
キャラメル・ソース /  砂糖100g+水50cc、水30ccでつくる
L2個
卵黄 3個分
グラニュー糖 75g
牛乳 420cc
生クリーム 80cc
ヴァニラ棒 1 /2本分
バター / 型に塗る分 適量
  1. 生の黄桃・ネクタリン・杏などの種を取り、1センチ程度の厚さに切って使用する型の底に敷き詰められるぐらいの量を用意する。

  2. キャラメルソースを作る。グラニュー糖100gと水50ccをフライパンに入れて加熱し、ほどよい狐色に色づいたら火からおろして水30ccを注いで温度の上昇を止める。キャラメルソースの半量をバターを塗った型の底に流す。

  3. フライパンに残したキャラメルをもう一度火にかけて熱し、果物をいれてフライパンを揺すりながら焼き付ける(キャラメリゼ)。

  4. 型の底のキャラメルソースの上に果物をずらしながら一面に敷き詰める。カスタード生地を作る間、型は冷凍庫に入れておく。

  5. カスタード生地をつくる。 ボウルに全卵と卵黄、砂糖、鞘からかき出したバニラ粒を入れて泡立て器で混ぜ合わせる。牛乳と生クリームにヴァニラの鞘を入れて熱し(電子レンジを使うと便利)、 熱いうちに卵のボウルにかき混ぜながら注ぎいれ、よく混ぜる。裏ごしを通してヴァニラの鞘を除く。                                                                                       

  6. キャラメルと果物を敷き詰めた型に市販のビスキュイ・キュイエール適量(手作りのビスキュイ、ジェノワーズ~スポンジ・シートなら尚よい)を並べ、カスタード生地を少しずつ、ビスキュイに浸みこませるように流し込む。ビスキュイの表面が覆われたら、カスタード生地は残しておき、焼成の途中で加える(いっぺんに入れるとビスキュイやフルーツが浮かび上がってしまう場合があるので、それを避けるため)。                                                                  

  7. 型よりやや大きめの器か天板に布巾を敷いて型を置き、まわりに熱湯(分量外)を注いで160℃で25分ほど、残しておいたカスタード液を足しながら焼きあげる。冷蔵庫でよく冷やして召し上がれ。                                                                             

調理のポイント
  • ヴァニラ棒(ヴァニラオイル)のほかにアーモンドオイル、キルシュ、アマレットなどの風味も合うでしょう。
  • ビスキュイの大きさ(厚さ)により、カスタード液の量を加減してください。きょうはピンク色のビスキュイ・シャンパーニュを使ったので、生地が桃色に仕上がりました。  
  • さらにアングレーズソース(レシピ集ご参照)を添えればなお美味しく、お食事のあとのデザートにもなりましょう。夏向きの一品です。
プロのひと手間
さん プロフィール

東京生まれ。都内銀行勤務を経て、フランス菓子とテーブル装飾を学びにヨーロッパに渡る。パリ・東京の自宅教室、外部料理教室講師などを経て、現在、南西フランス・ボルドーの片田舎、サンテミリオン近くの自然に囲... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

「書籍」発酵検定公式テキスト
「書籍」発酵検定公式テキスト
合計 5 名様
提供:一般社団法人 日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5