きちんとレシピ

レシピ詳細

セージとカリフラワーのパスタ

料理家 by salbot 恭子

03月18日 UP

  • 21時からの胃にやさしいメニュー
  • もてなし上手のホームパーティ
  • カラダの中からキレイになる美人食
  • バランス重視の「丼・パン・麺」
  • パパッと手軽に15分
  • イタリアン
  • 家庭料理
  • パーティ

ソース代わりのカリフラワーにセージの香りがアクセント

パスタもカリフラワーも一緒に茹でればソースいらず。ミモレットチーズを振りかければ色合いも華やかに。

調理時間 15分

材料

4~5人分

ショートパスタ 400g
カリフラワー 1房
牛乳 適量
セージ 3枝
ミモレットチーズ 30g
Ex.V.オリーブオイル 適量
塩・胡椒
  1. 熱湯に多めの塩を入れ、ショートパスタをゆで始める。

  2. カリフラワーを小房に分け、軸の硬い皮はむき、一口大に切る。

  3. パスタの茹で時間の半分が過ぎたらカリフラワーとセージを加える。

  4. 茹で上がったら湯を切り鍋に戻し、牛乳が鍋底に浅く溜まるほど入れて塩胡椒で調味する。

  5. Ex.V.オリーブオイルをたっぷり回しかけひと混ぜし、器に盛る。

  6. ミモレットチーズをたっぷりふりかけ、セージを飾る。

調理のポイント
  • ショートパスタはソースが絡みやすいシェルやオレキエッテが合います。Ex.V.オリーブオイルは是非上質なものを。
  • カリフラワーが具でありソースにもなるので、少ない乳製品で濃くが出ます。
  • 仕上げのミモレットチーズがなければ、パルミジャーノチーズで代用できます。ゆで卵を黄身と白身に分け、白身は刻んでソースに。黄身はおろしてふりかければ春らしいひと品になります。
プロのひと手間

メモ欄

印刷する 閉じる