きちんとレシピ

レシピ詳細

打豆のひじき煮

料理家 by ささき 京美

05月15日 UP

  • 残り野菜フル活用!レシピ
  • 和食
  • 家庭料理

早煮え10分。ぺったんこの大豆が入ったひじきの煮物

福井ではお馴染みの食材「打ち豆」(うちまめ)。 郷土料理には欠かせない、食材です。

調理時間 30分

材料

6人分

打豆(うちまめ)・・・・ 80g
薄あげ・・・ 一枚
人参・・・・ 1/2本
ひじき水煮・・・ 150g
たけのこ水煮・・・ 1/2個
******************
= <調味料> =
みりん・・・ 50cc
砂糖・・・・ 大さじ2
だし汁・・・ 150cc
酒・・・・ 50cc
醤油・・・ 大匙2~3
  1. 打豆は、柔らかくなるまで(10分程度)水煮してザルにあげておく。

  2. 薄あげ、人参は短冊に、たけのこも同じくらいの大きさに切る。

  3. ひじきの水煮は、さっと水洗いしザルに上げて水切りしておく。

  4. 鍋に大匙1の油(分量外)を入れ、強火で①②③を軽く炒める。

  5. ④に、醤油以外の調味料を入れる。

  6. 甘さが全体に回った頃、醤油を加え中火で煮る。

  7. 煮汁が少なくなり材料が柔らかくなったら出来上がり。

調理のポイント
  • 「打豆」(うちまめ)とは、軽く茹でてから叩いて潰した大豆です。昔は、田んぼの畦で作った大豆を、各農家で煎って木づちで一粒一粒叩いて潰し、自家製の打ち豆を作っていました。福井の郷土料理には欠かせない食材です。
  • お水から入れて、約10分水煮すれば、ぺったんこの柔らかい大豆になり 気軽に大豆料理が楽しめます。 ぺったんこのザクザクだから、味の染みも早く、他の材料との絡みもバツグン!! 精進料理等和風はもちろん、洋風料理にも使いやすい食材です。
  • 白いご飯のお供に、最高!! このまま、ご飯と混ぜたら、大豆入りひじきご飯にもなります。沢山作って冷凍しておくと、もう一品欲しいときや、お弁当にも便利に使えます。
プロのひと手間

メモ欄

印刷する 閉じる