きちんとレシピ

レシピ詳細

野菜たっぷりのバーニャカウダ

料理家 by 下井美奈子

07月25日 UP

  • もてなし上手のホームパーティ
  • カラダの中からキレイになる美人食
  • 残り野菜フル活用!レシピ
  • フードプロセッサー/ミキサー/ジューサーで、このレシピ
  • イタリアン

熱いお風呂のBagna Caudaで夏野菜をいっぱい食べよう!

Bagna Caudaはイタリア語で「熱いお風呂」という意味。この「Bagna Cauda」のアツアツのソースをたっぷりとつけて、お野菜をいただきます!ニンニクだけではなく、玉ねぎを加え、まろやかな味わいに仕上げました。玉ねぎの甘みと香ばしさが一味違ったバーニャカウダの美味しさを引き出します。

調理時間 20分

材料

ニンニク(国産のもの) 50g(約10粒)
玉ねぎ 130g(小1個)
赤唐辛子 3本
アンチョビ 10枚
オレガノ 小さじ1/3
オリーブオイル 100cc
季節の野菜 適宜
例:ブロッコリー 1株
例:カリフラワー 1/2株
例:黄色ピーマン 1個
例:赤ピーマン 1個
他、ジャガイモ、チコリー、大根、アスパラガスなど
  1. ニンニクと玉ねぎは細かいみじん切りにする。(フードプロセッサーを使用してもよい)

  2. 小鍋で、オリーブオイルをいれニンニクと玉ねぎ、赤唐辛子を加え、ごく弱火で15分間じっくりと炒め煮る。

  3. 赤唐辛子を取り除き、アンチョビとオレガノを加えよわびでじっくりと炒め煮る。

  4. ブロッコリー、カリフラワーは湯で、赤・黄ピーマンは種をとって縦にスティック状に切る。

  5. 召し上がる際は、小さな器にソースを入れ、電子レンジで加熱してサービスしてもよい。

調理のポイント
  • ニンニクは国産のもの、できれば無臭にんにくを使用すると、マイルドな味わいになります。
  • 冷蔵庫で一週間は保存OKなので、パーティの前日にソースを作っておけば、パーティ当日は切っただけの野菜がパーティメニューに早変わりします。
プロのひと手間

メモ欄

印刷する 閉じる