きちんとレシピ

レシピ詳細

春菊と桜エビのふりかけ

料理家 by 高橋裕子

08月12日 UP

  • カラダの中からキレイになる美人食
  • パパッと手軽に15分
  • 旬を感じよう。味わおう!(春)
  • 和食

春菊と桜エビを使ったヘルシーふりかけです。カルシウム豊富で栄養満点。

春菊一把があっという間に食べられてしまうレシピ。ごはんに載せて、また、ご飯と混ぜておにぎりでもとってもおいしい。たくさん作って冷凍しておくこともできます。

調理時間 15分

材料

春菊 一把
干し桜エビ 10gぐらい
醤油 小さじ1~2
ごま油 小さじ1~2
  1. 春菊を刻む。茎のほうは細かめに、葉のほうは多少大きめで良いです。

  2. 鍋に桜海老をいれ、乾煎りする。香りが出て香ばしくなったら一度鍋から取り出しておく。まな板の上で包丁で少し荒めに刻んでおく。

  3. ①の春菊を同じ鍋に入れて同じく乾煎りする。先に茎のほうを炒め、茎に火が通ってきたら葉のほうをいれ、水分が大分抜け全体のかさが減るまでいため続ける。

  4. ③の鍋にごま油を入れ、全体がなじむように炒める。醤油を入れて同じようになじませる。

  5. 桜海老鍋に戻し、全体をよく混ぜて出来上がり。

調理のポイント
  • 水分を飛ばすことで長持ちするようになりますし、冷凍してもべったりとしなくなります。少し長めに春菊がカラカラな感じになるまで炒めます。
  • 冷蔵庫で長く持たせたい場合は醤油を少し多めにして味を濃い目にしてください。
  • 炒りすりごまを加えても一層おいしく頂けます。
プロのひと手間

メモ欄

印刷する 閉じる