« パダン料理レストラン 「イブ.ムス」メインパダン料理を体験す そのⅡ »

パダン料理を体験す そのⅠ

さて、前回のブログでご紹介した「パダン料理」・・・・・

知り合いの ユサックさんの奥さんがパダン出身、以前レストランも開いていたとお聞きし、
特別にお願いして教えて頂く事が出来ました。(というより、殆ど見学でしたが・・・)

「ルンダンサピ」の手順を、私の復習も兼ねてご紹介していきますね。

本当に手間のかかるお料理です。
最後まで、どうぞお付き合い下さいませ。
CIMG5129.JPG

おおまかな材料・・・・
CIMG5130.JPG

材料の牛肉は赤身の固いお肉。
つい先程、市場で切り分けてもらって購入。
CIMG5139.JPG

コリアンダーシード、白コショー、ナツメグ、グローブ、アニス、クミンシード等を、カラ煎りする。

その間、何度も香りを確認していらっしゃいました。
十分に香りがたったら・・・・・・

CIMG5146.JPG
石臼で潰す。
手首のスナップを利かせながら、リズミカルに・・・
(この家庭用石臼は、インドネシア料理には欠かせない道具です。)

CIMG5149.JPG
見事パウダー状になりました。
(私もやってみましたが、思いのほか難しい・・)

石臼で粉末にする事で、スパイスの香りのたち方が、より芳しくなるのでしょうね。

CIMG5152.JPG
そして、そこに水を加えて練れば、ペースト状に・・・・。(①)
お見事!!
CIMG5157.JPG
ニンニクと、バワンメラ(赤ワケギ)を、石臼ですり潰しペースト状にする。(②)


CIMG5162.JPG
赤とうがらし、クミリ、生姜、ターメリック、ランクアス、レモングラスに水を加え
ミキサーにかけ、鍋に入れ、
①と②、ココナッツ油を加え火にかける。

CIMG5164.JPG
ダウンサラム(サラムの葉)と
 ダウンジュルック(こぶみかんの葉)、
切り分けたお肉、塩、少量のお砂糖を加え煮込む。

CIMG5174.JPG
市場で削ってもらった、ココナツに水を加え、絞り、ココナツミルクを作り
お鍋に加え、更に煮込んでいく。

CIMG5177.JPG
ここからは、ひたすら煮込む・・・・・

CIMG5197.JPG
時々かき混ぜながら・・・・
煮込む・・・

まだまだ・・・・

CIMG5203.JPG
お肉が柔らかくなり、殆ど水分が無くなったら出来上がり。
(写真ボケててスミマセン)

CIMG5213.JPG
出来上がりまで約4時間。

お砂糖(ココナツのお砂糖)は、殆ど加えず辛さを強くするのが本場の味だとか・・・・

レストランで食べた物より、甘さを抑え、より辛く、より香辛料の香りが強い、故郷のお母様直伝の 
「ルンダン・サピ」です。

二十数種類の食材が、複雑に絡み合ったなんともいえない、深い味わい・・・・
パダン料理の、美味しさの秘密、奥深さを教えてもらった一品です。

「スーパーでは、インスタントのルンダン・サピの素が売っているけど、やっぱり手間をかけないとダメよ。」との事。

【美味しいには訳がある】のですよね☆

==========
出来上がり最後までお付き合い下さって有難うございました。
次回は、教えて頂いた他のパダン料理を(簡単に)ご紹介予定です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://www.food-sommelier.jp/staff/mt-tb.cgi/2613

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

プロフィール

石窯料理研究家、
日々の料理家 佐々木 京美

自宅隣に設けた、手作り石窯のある「野の花工房」を主宰。
自然と食材に恵まれた福井で、日々日常の料理を愉しむ。

最近のコメント

MovableType