« 初めての芝浦と場見学 | メイン | 紫竹昭葉様「伝える力」サマリー(第3回キャリアデザイン大賞基調講演) »

心に残るのは、人との思い出

先日、大切な友人たちと、20年ぶりに恵比寿にあるロブションに行きました。
とっても楽しい時間を過ごして、私が感じたことは1つ。

DSC_5051.JPG

20年前のあの日の接客が忘れられない...ということでした。

当時、ロブションはオープンした直後で、
たまたま北海道からやってきていた両親と恵比寿にいた私達は、
予約もせずにロブションに行ったのです。

なんと偶然にもたまたま1席キャンセルがあって、
お食事をすることができたのですが...。

当時の私は、ロブションがどういうお店かもわかりませんでしたから、
シャトーに足を踏み入れた瞬間から極度の緊張に見舞われたのを覚えています。

重厚な内装、特別に用意されたように見えるテーブル、カトラリーの数々...。

田舎から出てきた両親は、私以上にがちがちです。

そんな私たちの様子を見て、
一番最初に出た来たものはなんと「フィンガーボール!?」

そしてその時、テーブルを担当してくれたメートルの方がこうおっしゃいました。「まずは手でお召し上がりください、フレンチは形式が大切...と思われる方も多いようですが、堅苦しく考えず。食事は美味しく食べていただくことこそが大切なのです」と。

この時のメートルの方が、現在はビオファームまつきを運営する松木さんであったことを後に知りました。

私たちはその日きっととっても美味しい食事をいただいたと思うのですが、
食事の内容・味は20年たった今、一切覚えていません。

でも松木さんのあの接客、あの言葉は今でも鮮やかによみがえり、
私にとって忘れることができない素晴らしい時間をもたらしてくれました。

心に残り人を動かすのは、「人との思い出」である...と。

20年ぶりに行ったロブションで大切なことを思い出させていただきました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.food-sommelier.jp/staff/mt-tb.cgi/8595

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

フードソムリエTOPへ

東京スタッフBLOGへ

プロフィール


北村 貴(taka)
フードソムリエ代表


20年間の東京生活を経て、
2004年12月、真冬に
故郷・北海道十勝へ戻る。
よく食べ、よく遊び、よくしゃべる。
特技は四葉のクローバー探し

food-sommelier.gif

About

2014年12月 6日 22:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「初めての芝浦と場見学」です。

次の投稿は「紫竹昭葉様「伝える力」サマリー(第3回キャリアデザイン大賞基調講演)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページも見てください。

MovableType