« 植物系の私!?~特技は四つ葉のクローバー発見 | メイン | 食のプロSTORYVOL.1<前編>チーズ職人・白糠酪恵舎 井ノ口和良氏 »

伊勢丹考~求む!コンシェルジュ

一昨日から、久々に東京に来ています。

昨日は、少し時間があったので、
大好きな新宿伊勢丹へ♪

前回来た時には、まだ地下の食品売り場が完成していなかったので
全貌をしることができませんでしたが、
今回は1時間かけてたっぷりチェック。

もう、うれしくなって興奮し、アドレナリン出まくりです(笑)

まず何より気になったのは
タパス系のテイクアウト総菜が増えていて、

ホームパーティの日常化と、
夜、シャンパン飲みながら軽くつまむ・・・系のニーズの高まりを感じます。
(ちなみにフードソムリエでも「ホームパーティ」は人気コンテンツなんです)


また、「素材」系の品ぞろえも増えていて
きちんと家で作りたい人のニーズも間違いなく高まっていると思いました。

野菜もチェック♪
スイスチャードやピュアホワイトなどの新顔はもう普通に売られていましたが、
残念ながら価格の割に鮮度が悪い。
伊勢丹でこれなら・・・と思わざるを得ない感じで、
野菜は通販が良いなぁ・・・としみじみ思う私です。

(実は、前回来た時に、東急の地下の野菜にガッカリしたのでした)

スイーツや惣菜の品ぞろえにたいして、
飲み物の提案が弱いことも残念な感じ。

ワイン、シャンパンはそろっていますが、
紅茶やコーヒーは種類が少ないなぁと思いました。

何よりがっかりしたのは「フードアテンダント」


私は、出張で来ているので「旅先で飲めるおいしいドリップコーヒーを探している」と
言ったのですが、コンシェルジュが私に見せたのが「ギフトカタログ」で、
何をするのかと思ったら「モンカフェ」を指して「セットものしかありません」と・・・。

私が伊勢丹に求めるものは「アテンダント」ではなく「コンシェルジュ」。

「意志のある提案」であり、、「有能なお客様の秘書」的役割です。

実は、アテンダントに聞く前に
売り場で2パック入りの有機栽培のドリップカフェを発見していたのですね。
でも他にもないかしら?と思って聞いているわけです。

Image103.jpg
私が買ったドリップカフェ

あの膨大な食品を覚えるのは大変だろうと思いますが、

伊勢丹という百貨店の特徴柄、
また、あの食品売り場の研ぎ澄まし方から、
どうしても求めるハードルが高くなってしまうのです。

必要なのは、食のプロフェッショナリティであり、
什器の美しさやプレゼンテーションはその補足要素です。


アテンダントさん、できればコンシェルジュになってください、お願いします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.food-sommelier.jp/staff/mt-tb.cgi/724

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

フードソムリエTOPへ

東京スタッフBLOGへ

プロフィール


北村 貴(taka)
フードソムリエ代表


20年間の東京生活を経て、
2004年12月、真冬に
故郷・北海道十勝へ戻る。
よく食べ、よく遊び、よくしゃべる。
特技は四葉のクローバー探し

food-sommelier.gif

About

2007年9月 2日 11:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「植物系の私!?~特技は四つ葉のクローバー発見」です。

次の投稿は「食のプロSTORYVOL.1<前編>チーズ職人・白糠酪恵舎 井ノ口和良氏」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページも見てください。

MovableType